コラーゲンとヒアルロン酸は、どちらも肌に良く美容に良いのは多く知られています。しかし、似ているようで違いもあります。コラーゲンは、タンパク質の一種です。真皮層に存在し肌の弾力とハリを保っています。役割のほとんどが細胞と細胞をつなげる事です。老眼予防や心筋梗塞の予防に効果があり、髪や爪をきれいに保つのに欠かせないものです。年を重ねると減少してしまう事から、乾燥によるシワやたるみの原因になる事があります。ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種です。多くは細胞と細胞の間にあり、水分を保ったりクッションのような働きをし細胞を守ります。肌のたるみ予防や肌の保湿と粘膜の維持、肌や関節軟骨機能の維持などの働きがあります。幼い頃はハリのあった肌もヒアルロン酸の量が年をとれば減るので肌のハリの低下やシワやシミなどの老化現象が起こります。このように似たところもありますが、コラーゲンはタンパク質でヒアルロン酸は糖類という根の部分が違います。違うものではありますが、美肌をつくる事に関わる存在は同じですので、どちらか一方だけを摂るのではなくバランス良く一緒に摂る方が良い効果を十分に発揮できるので、美肌づくりには最適です。