低分子ヒアルロン酸は、摂取したときにお肌や体に吸収されやすい特徴があります。
ヒアルロン酸の中でも、低分子化しているものについては、粒子が小さい特徴がありますので、お肌に塗ったり体の中に摂取したときにお肌の奥まで成分が届きやすくなってくるのです。
とくに乾燥肌や老化の進んでしまったお肌の場合、お肌の奥のヒアルロン酸も減少している状態になりますので、栄養分を与えなければなりません。
粒子が小さい状態ですと、お肌の表面ではなく奥まで成分が浸透しやすくなってくるため、乾燥や老化肌も改善しやすくなってくるのです。
また、肌に必要な成分を奥まで届けられることで、アレルギーなどのトラブルも解消しやすい状況になります。
アレルギーは、お肌の水分が失われることで、バリア機能自体の働きが落ちてしまうなど、お肌全体の働きの低下を呼び込んでしまいます。
お肌の奥まで浸透しやすい成分を使うことで、水分不足を解消することができますし、免疫機能も正常に戻ってくるようになるため、気になっていたアレルギー症状も抑えられるようになるのです。
肌のトラブルが多いという方は、低分子化されている化粧品を使ったり、成分を直接摂取してみるとよいでしょう。